タイの旅:バンコック その1

 常夏のタイランドにやってきました。♪夏、夏、夏、夏、ココナッツ♪ ♪タイ、タイ、タイ、タイ、タイランド♪ んっ? アイランドとちゃうのん? ちゃんと突っ込んでや! 

 今回は、フアヒンという、バンコックから南へ約200 kmのリゾート地で開催されるタイ消化器病学会での講演依頼を受けてのタイ入りで、タイに来るのはこれで5回目くらいになります。それでも新しい発見が沢山ありました。 

 今回は、タイを3枚におろして・・・、じゃなくてー、3回に分けてブログします。このだじゃれ分かりました? 付いてきてやー! 

 まず、真面目な話から。 

 バンコックは世界有数の国際都市ですが、医療でもツアーメディシンの最先端を走っています。タイの医療を見ると両極端で、公立の病院は裕福でない患者さん(といっても医療を受けられない人に比べるとまし)で溢れかえり、診察まで何日も待たされたり、廊下に並べられたベッドで点滴を受けるといった風景はざらです。病院も経営難で、企業などからのドネーション(寄付)で何とかやっているような状況です。

  一方、今回、学会とは別に講演を頼まれたバンコック・ジェネラル・ホスピタル(写真)は、富裕層を対象にした病院で、まるで高級ホテルのようです。誰が資本を投入しているのか知りませんが、チェーン店がどんどん増えて、現在、タイ国内に8カ所あり、アジア、中近東の国外にも進出しているそうです。まさにビジネス産業で、一部上場している一流企業に当たるそうです。

 rimg0094.JPG

 4つの建物からなり、総合病院、がんセンター、循環器センター、国際センターからなっています。400床と病床数は少なめですが、全部個室で平均在院日数が何と4日余りということで、一日基本料金が1万バーツ(約3万5千円)。日本の特室とそう変わりませんが、タイの物価からするとメチャ高い。一般的なサラリーマンの給料1ヶ月分くらいにあたります。ちなみに、人間ドックが3万数千バーツ(約11万円)です。

  患者はアラブ系が最近増えて3割。あの9.11.以来、欧米に医療を受けに行きにくくなって、こちらを受診するアラブ人が増えたそうですが、廊下を歩いていても、頭にターバンを巻いた、石油王か王様風の人がうろうろしていました。また、日本人も多く、日本語がしゃべれる医師、看護師を備えた日本人フロアが国際センターの2階にありました。長期滞在の日本人を対象にしているようで、英語が苦手な日本人の特徴をうまく分析しています。日本人向けに日本語のパンフレットまでおいてあるのには驚きました(写真)。

bangkok-hospital-lieflet.jpg

rimg0103.JPG

rimg0099.JPG

  さて、そこの内視鏡センター(写真:入り口。私の隣の女医さんは、日本の医大を卒業しており、日本語ベラベラです。日本語で病院を案内してくれました)の、まー広いこと。検査・処置台は6つで全個室。ゆったりした回復室には10以上のベッドが(写真)。うちの師長さん、嘆きなやー。NBI(特殊光で癌などを見つける装置)やカプセル内視鏡も導入し、最先端を行ってますが、宣伝効果を狙っているところがあり、使用頻度そのものは低い! また、早期癌の内視鏡的切除はやっておらず、外科手術主体です。これは世界的に見て劣っているわけではありませんが、日本はすごい!と改めて感じました。われわれの施設では、NBIやカプセルも当たり前のようにやり、なおかつ早期癌の内視鏡的切除も当たり前だ(前田)のクラッカー(チョー古る~)ですから。 

 この宣伝効果につい乗って、タイへツアーメディシンする日本人が居るらしい。設備も診断力も日本は世界の最高峰なのに、あまりにも、日本人は日本の医療のレベル、良さを理解していないのに愕然としますね。

 さて、ちょっとおなかが空いてきました。昨日のフットマッサージが効いて、朝は日が高くなるまで爆睡でブランチ。今は午後2時です。以前タイに来たときにカフェ・ド・何ちゃらとかいう、こじゃれたレストランで食べたジューシーなチキンの丸焼き(ガイヤーン)(写真)を思い出したとたん、ブティ 

gayarnthai.jpg 

ックの並ぶシーロム通りはホリデイ・イン近くのそのレストランに自然に足が向いていました。3年ぶりなのに、そこに思い通りのレストランがちゃんとありました(写真)。感激!  さあ、このあと何が待っているのか?

rimg0176.JPG 

 今日はここまで。このあとの話は、次のブログで続けます。ここからがおもしろい。思いがけないことばかり起こります。こうご期待!

2008.7.25.