タイの旅:バンコック その2

前回のブログ「バンコック その1」の最後に書いたように、3年前から変わらず営業しているレストランを見つけて、止まらないよだれを拭いながら、感激の余り勢い込んで玄関(写真)を入りました。

rimg0175.JPG

とっ、ドアにC・L・O・S・E・Dの札が。なななんと、ちょうど店がクローズドになったところだったのです。  残念、くー(モーニン、ぐー、とちがうよ! 泣いてんねんで)。昼の休憩です。女将のような人が外にいて、申し訳なさそうに「ごめんなさい」。でも、それに続けて「夜は5時から開けてますので是非来てください」と愛想がいい。 

美形のママでしたので、思わず笑顔で「必ず」と答えてしまいましたが、私のお腹は「そんなに待てるかよー!」と叫んでいました。で、「るるぶ」でガイヤーンの店を調べたら、真っ先に出てきたのが「シリチャイ・ガイヤーン」。中途半端なこの時間でも休まず営業していることを紹介記事で確認。ここから車で15分程度と読んで、タクシーを捕まえました。 ところが、15分走ってもほとんど進まず。金曜日のこの時間の交通はこんなもんだそうで、ぜんぜん走らない。ドライバーにチップをはずんで適当なところで降ろしてもらい、結局スカイ・トレインに飛び乗りました。最初からそうすればよかった。 

rimg0177.JPG

バンコックではスカイ・トレイン(写真)が便利。暑い暑い屋外からスカイ・トレインに乗り込むと、一気に汗が引くほど冷房がガンガンに効いていてホッとします。スクンビット通りのフロムフォン駅を降りると、また、暑さに圧倒されます。「徒歩15分」はきついので、ここからタクシー。住所と写真からそれらしいレストランを見つけました! タクシーを降りて恐る恐る近づいてみると、改装中!? やめてやー。

思いとどまってよく見ると・・・あーよかった、手前の店でした。・・・とホッとしたのもつかの間。奥の「シリチャイ・ガイヤーン」とおぼしきレストラン、どうも様子がちょっとおかしい。 

中の様子をうかがっていると、その店のスタッフが出てきて「どうぞ」と招き入れようとする。「ガイヤーン、食べれますか?」と決死の覚悟で訪ねた質問に、「焼き肉、おいしいですよ」。 ・・・。ないよなー! ありえへん! 韓国料理店に替わっていました。こんなひどい一日があっていいものでしょうか? ガイヤーン、ナイヤーん。 

もう午後3時半を回っています。のどはカラカラ、お腹はペコペコ。とりあえず、駅前まで行けばなんとかなると思い、流しのタクシーを捕まえようとするのですが、空のが少ない。やっと止まってくれたら、行き先を聞いて乗せてくれない。近すぎるようです。確か、厄年も大殺界も終わったはずなのに。

 途方に暮れて、駅の方にとぼとぼ歩き出しました。途中から汗も出なくなってきました。暑さは依然として尋常ではないのにです。出る汗がなくなってきたのでしょう。早い話が脱水です。 

とっ、道の左手にレストランが見えてきました(写真:このときは写真を撮る余裕もなく、明くる日に取ったので暗くなっていましたが、このときはまだ明るかった)。イタリアンのようです。看板に「バジリコ」と書いてあります。

rimg0178.JPG

rimg0179.JPG 

もう、ガイヤーンにはこだわってはいません。そんな思考能力さえほとんど残っていない状況です。そこに砂漠にオアシスです。バジリコであろうがミジンコであろうが、なんでもよかばってん! 

注文を聞かれる前に、「シンハー(Singha)」(写真)と叫んでました。タイの国産ビールです。これが、こくがあってうまい。一気に飲み干してから、もう一杯のシンハーとムール貝の酒蒸しっぽい料理とピッツ・マルゲリータを頼みました。 

rimg0148.JPG 

mussle-soup2.jpg

このムール貝の料理(写真:撮るのを忘れたのでよく似た写真で本物ではありません)が絶品で、にんにくがよく利いて、スープが実に、美・味・で・ご・ざ・い・ま・すー

また、ピッツは、目の前で作ってくれて窯焼きしてくれます。これも美味で、偶然入ったレストランにしては大当たりでした。 あとで、現地に在住の人に聞いたら有名な店だそうで、夕方の6時―7時には列ができるとのことでした。やはり、まだ運は残っていたようです。その人の話では、スパゲティーが絶品で、ほとんどの客はそれを食べに行くのだそうです。 

これは捨て置けない話なので、明くる日に早めの5時半にもう一度行くことにしました。勢いよく「ペスカトーレ!」と注文し、もちろんシンハーも忘れません。料理が来るまでに、客は予想通り増え続け、店は広いのに、ほぼ満杯になっていました。 

期待を込めて、スパゲティーを口に入れると、なんだ! この食感は? スーパーのもろく腰のない食感そっくりで、ガックリ。店のパンフレットを改めて見てみると「ピッツ専門店」と書いてました。これから人の口は、味も話しも信用しない!

2008年7月29日(火)