シカゴの旅―その2

 学会場はマコーミックセンターという、バカでかい会場で、端から端まで歩くと、ゆうに10分以上かかります。ホテルやショッピングモールが並ぶダウンタウンからは、ミシガン湖に沿って南へ5-6 kmも離れています。

chicago-cherry-1105.jpg 

『学会場のマコーミックセンターとダウンタウンの中間にあるばかでかい公園。桜がきれい!』

chicago-convention-center.jpg

『学会場のコンベンションセンター』

 で、昼めしを食べるのに、ダウンタウンまで帰る気がしないので、学会場から1 kmほど西にあるチャイナタウンに行きました。チャイナタウンはどこにでもあります。

 img_0359.jpg

 行ってみると、小さいですが、ちゃんと中国風の門(鳥居みたいなやつ)までありました。その門をくぐってすぐ左手に「大三元」という店を見つけて入りました。英語表記はTriple Crown。欧米人がマージャンで大三元を上がったら、「triple crown!」って言うのかな? 名前が気に入っただけではありません。ビールが置いてそうな店だったからです。

img_0362.jpg

triple-crown.jpg

『看板を拡大してみると・・・』

 というのは、早くビールが飲みたくて、ガイドブックに載ってた店に行ったら、休業中。で、隣の店に聞いたら、ビールは出せないという。その後、何軒か中華の店を回っても、すべてノー。要するに、酒類が出せるライセンスを持っていないのでした。酒屋で買ってきたら飲めるらしいのですが、肝心の酒屋が見つからない。ふと振り向くと、さっきの門が見えたのです。

 ライセンスがない店は、資金もないから門の外でしか営業できないのでしょうね。店もきたないし。

 「大三元」は違いました。きれいだし、大きいのに客で溢れており、20分位は待たされました。で、さっそく「青島(チンタオ)!」。小瓶なので3本呑んでしまいました。

lrg_10006257.jpg

料理は飲茶。店員がトレイに蒸したての飲茶を何種類も載せて巡回してきます。中を見せてもらって、「これ」と指させばそのままくれます。エビ餃子に野菜饅頭、羊肉の串焼き?みたいなやつ、それ以外に2-3皿頼んで、メチャメチャ美味でした。それで一人25ドル。計算間違ってない? と思うほど安い!

 それに引き換え、「亀八」という日本料理店。味はまあまあだが、オーナーが日本人女性である以外は、全員非日本人。すしを握ってる人は、赤ら顔で腹のでた白人系。ネタはともかく、シャリがアメフトのボールの形をしている。いくらベアーズの本拠地といってもねー。

びっくりしたのは、ワインメニューにあった、ロバート・モンダビの2007年もの(カリフォルニア赤ワイン)が230ドル。当然、注文しなかったけど、ぼったくりもいいとこだ。なんと、酒屋で23ドルで売ってた。数百メートル運ぶだけで1本につき200ドルの儲けとは。料理で勝負せーちゅうの。

それでいうと、ドレーク・ホテルという超一流ホテルで、2007年のオーパスワンが200ドル。これは酒屋で180数ドルだったから、メッチャ良心的や。

コメント&トラックバック

トラックバックURL:http://tetsuo.primel.jp/2011/06/02/%e3%82%b7%e3%82%ab%e3%82%b4%e3%81%ae%e6%97%85%e2%80%95%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92/trackback/