つくばの旅

こないだの「シンガポールの旅」で、ガマの油売りの話しましたね。タイガーバームから飛んで、昔、見た口上の話。もう、50年くらい前の話です。それが、それが、な、な、なんと、つい最近、本物を見たんです! つくばで。

 筑波山こそが、ガマの油売り発祥の地ということで、つくば市には「筑波山ガマ口上保存会」という立派な組織があり、こないだその現場に出くわしました。ほんとに刀の刃で腕の皮膚を切ったように見えるから不思議。そこに、ガマの油から作った軟膏を塗ると、傷跡も残らない。軟膏を塗った上を刃で切っても切れない、ってなものを目の当たりにしては、買って帰らなければ損した気分になってしまいますね。口上がなめらかで、磁石みたいに引き寄せられました。ガマの油は買わなかったけれど・・・。

gamanoabura1.jpg

img_0482.jpg

img_0483.jpg

コメント&トラックバック

トラックバックURL:http://tetsuo.primel.jp/2012/02/27/%e3%81%a4%e3%81%8f%e3%81%b0%e3%81%ae%e6%97%85/trackback/